古来史実によれば、慶長の初期、当地稲庭字小沢の住人
佐藤市兵衛によりおこされ、宝暦二年に藩御用達となり…
と記されている。
そのすぐれた技法は歴代伝承されております。

角左ェ門の稲庭うどんは、
恵まれた自然条件のなかで伝承された技法を受け継ぎ、
丹誠込めて造っております。
手づくりのため、多くは出来ませんが、その食感はコシの強さ、
なめらかなツルツルとした喉ごしの良さが特長です。
どうぞご愛顧下さい。

角左ェ門のうどん・完全手づくりの工程のご紹介
(1)→
(2)→
(3)→
(4)→
(5)→
(6)→
(7)→
(8)→
(9)→
(10)→
(11)→
(12)→

角左ェ門うどん本舗
〒012-0183 秋田県湯沢市皆瀬字下村121-5
TEL/FAX0183-47-5517※mail/kakuudon@amber.plala.or.jp